東名富士クリニック_空_左

東名富士クリニック_空_右

東名富士クリニック_ヘッダータイトル

東名富士クリニック_ヘッダータイトル

〒417-0061 静岡県富士市伝法177-1

代表TEL

: 0545-22-6530

/

FAX

: 0545-22-6531

シャントセンターTEL

: 0545-32-6530

/

FAX

: 0545-32-6536

mail

: info@fujiclinic.jp

院長挨拶

院長挨拶

山岸 敬 院長_近影

院 長

シャントセンター長

山岸 敬

 

日本泌尿器科学会 専門医・指導医

日本透析医学会 透析専門医・指導医

日本透析アクセス医学会 VA血管内治療認定医

山梨大学付属病院泌尿器科 非常勤講師

【略歴】

山梨医科大学(現山梨大学医学部)卒業

亀田総合病院

山梨赤十字病院

静岡医療センター

山梨大学付属病院泌尿器科 助教

腎不全には、急性腎不全と慢性腎不全があり、腎臓の機能の回復が期待 できる急性腎不全に対し、腎臓の機能を回復させることができなくなった 状態であるのが慢性腎不全です。そして、生命を維持することができないほどに 腎臓の機能が低下してしまった状態を、末期腎不全と呼び、腎臓の機能を 代わりに補う治療である腎代替療法が必要になります。腎代替療法には透析療法である 血液透析 および 腹膜透析腎移植 があり、この3つの治療にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、 どの治療法が最も優れているかは一概には言えません。生命予後、生活の質、 自由度、社会復帰率、といった点では腎移植が最も優れておりますが、 現在の日本では提供者が少ないことから普及は進んでおりません。

日本で最も普及している腎代替療法が血液透析です。全国のいたるところに 血液透析を行うことができる施設が拡がっていることや、近年の科学技術の 進歩に伴い高品質の血液透析を患者様すべてに提供できることが要因と考えます。

東名富士クリニックでは、透析導入後の平均生存率の統計検査と比較しても 常にその数値を上回っていると思います。 現に多くの患者さんが透析を 中心とする生活の中で元気な顔を見せて通院していらっしゃる姿をお見受けします。 そして、医師・看護師・臨床工学技士をはじめ各職種が一丸となり、 透析患者さん自身が人生目標や楽しみを1つでも多く実現できる支援を惜しまず 提供しております。

今後は自身がこれまで培った知識と技術を駆使して 血液透析 だけでなく 腹膜透析腎移植 を含めた包括的腎代替療法の進歩に貢献してゆきたいと考えております。

 東名富士クリニックはまだまだ進化します。どうぞ宜しくお願い致します。

ボトム部グラデ下

東名富士クリニック

〒417-0061 静岡県富士市伝法177-1

mail : info@fujiclinic.jp

代表TEL

: 0545-22-6530

/

FAX

: 0545-22-6531

シャントセンターTEL

: 0545-32-6530

/

FAX

: 0545-32-6536

CopyRight(c) 医療法人社団 泉会 東名富士クリニック All Right Reserved.